So-net無料ブログ作成

言霊を乗り越え生き残った熱帯魚 [ペット]

ドクターフィッシュの水槽をリセットした。

生き残った魚を救出し、非難水槽に入れたが、これだけいた魚は・・・・。


アランズ ナチュラルドッグフード|安心・安全の100%無添加!評判のプレミアムドッグフード通販


ドクターフィッシュ4匹

メロンバルブ2匹

ゴールデンバルブ1匹

レッドファントムルブラ2匹とほぼ壊滅的被害を受けた。魚を救出中に分かったんだけど、この病気はどうもツリガネ虫+水カビ病だったようです。

あの2月の大寒波で水温が下がり、もともと水槽に潜伏していた水かび病が一気に大繁殖し、弱った魚にツリガネ虫が貼りついて体表を破壊し、穴をあけた。

上部フィルターはきちんとケアしてたのですが、どうも水槽の中の悪性の微生物が増えすぎて、毒素をだし、それが水質の悪化を呼んだのと、水質浄化のバクテリアが水質悪化に伴って死んじゃったらしく、暮らしているだけで体が蝕まれる。って感じの水質だったようで、ちょっと申し訳ないです。

その後、メロンバルブとレッドファントムルブラが1匹づつ落ちました。

しかしながらもう真っ白で、口すら開くことが出来なかったドクターフィッシュたちが奇跡的に回復し、おなかが赤く充血していたゴールデンバルブも元気に餌をあさるところまで回復してくれました。

今後、この水槽は徐々にエビとピグミーグラミーとチェリーバルブとコリドラスの水槽に変化していきますが、生きている限りは生き残った彼らを出来るだけ長く生きてもらいたいと思います。

4月になれば、低床と水草を入れ、エビの第1陣の投入予定です。メロンバルブとゴールデンバルブにはいい餌でしょうが、それもいいかなと・・・。



実はこの壊滅的被害が起こる2週間ほど前、私は今後の観賞魚の管理計画を立てていた。

多すぎるので整理

金魚がヒーターを使うので、熱帯魚は全滅⇒整理、エビとメダカの水槽に移行

ということを紙に書いた。紙に書いた願いはいずれ現実になるという。

その数日後餌を食べなくなり、次々と熱帯魚たちは死んでいった。

ドクターフィッシュ7匹、クラウンローチ2匹、メロンバルブ2匹、ゴールデンバルブ3匹、ミニブッシープレコ2匹、アルビノレモンテトラ5匹、カージナルテトラ5匹、レッドファントムルブラ4匹、ゴールデンテトラ6匹、コリドラスデルファックス2匹。

これだけが2週間余りで死んだ。言霊は恐ろしい。生死にかかわることは紙に書くべきではない。

言霊を乗り越えた戦士たちも、そう長生きはできないと思う。今回のダメージが大きいからね。それでも1日でも長く、元気に餌を食べれるといいね。




ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。


恋もお金も幸せひとり占め!
開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。